サラたまメニューへ ↑クリックで
 メニューへ
サラダたまねぎができるまで
サラたまメニューへ サラたまメニューへ 生産者の声へ


8月上旬苗床消毒 8月上旬 苗床消毒 苗床は、自然の太陽熱を利用して殺菌しています。
たまねぎ作りは苗床殺菌から始まります。
季節は、真夏。炎天下での作業は暑さとの戦いです。
津奈木の浜田夫妻
津奈木の浜田夫妻


9月苗作りと種まき 9月 苗作りと種まき
苗半作といわれ、健全な苗作りが大きなポイント
9月初旬、種は、手又は機械まき。
水の散布が芽立ちに影響するので毎日欠かせません。
台風で駄目になったときのショックは言葉になりません。
津奈木の福島夫妻
津奈木の福島夫妻


10月上旬~土作り(堆肥投入) 10月上旬~
 土作り(堆肥投入)

良質堆肥投入は欠かせません。
牛ふんの質、量がたまねぎの出来を左右します。
スコップで一杯一杯、ムラなく均等に振るのは本当に重労働です。
津奈木の新立夫妻
津奈木の新立夫妻


10月下旬~12月中旬定植 10月下旬~12月中旬
 定植(植え付け)

暖かいマルチの下ですくすくと成長します。
 (マルチとは黒ビニールシートのこと)
黒ビニールを機械で張るマルチ張りは大仕事です。
穴あけ、定植は一つ一つ丁寧な手作業、大事に大事に育てています。
通路の草取りがこれまた大変!
水俣の鬼塚夫妻
水俣の鬼塚夫妻


3月上旬~6月上旬収穫 3月上旬~6月上旬
 収穫

収穫が私たちの最大の喜び。
毎日の食卓へ新鮮なうちにどうぞ!
自分で育てたたまねぎをまず最初に試食する。
その瞬間、満足できる味に今までの苦労はふっ飛びます。
子供の成長を喜ぶ親の気持ちです。
水俣の山内夫妻
水俣の山内夫妻


たまねぎ選果場 たまねぎ選果場
完全オートメーションにより全国へ発送!
以前はそれぞれ行っていた選別・乾燥・箱詰めを一手に選果場で行うので大助かり!
その分、耕作田を増やしたりして、おいしいたまねぎをより多くの方にお届けできるよう努力しています。
さらたま